国土交通省の調査によりますと2018年3月末時点で、山梨県内には331,819台の軽自動車が登録されており、その内109,849台が軽トラなどを含む軽貨物車で軽貨物車が占める割合が33.1%と非常に軽貨物車の割合が高い県である。

農業・建設業などのあらゆる分野で軽トラが活躍している山梨県で軽トラの買い替えなどで軽トラを売却する方のほとんどは「少しでも高く売りたい!」と考えているでしょう。

軽トラを高く売るなら、はっきり言ってディーラーや地元中古車販売店の一社査定では損をしてしまう可能性が非常に高いので簡単に短時間で複数社に査定依頼できるかんたん車査定ガイドを使って売却しましょう!

大企業が運営で安心のかんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド 公式ページの画像

かんたん車査定ガイド東証一部上場企業のグループ企業のエイチームライフスタイルが運営している無料の車一括査定サービスです。

かんたん車査定ガイドはわずか45秒で完了する簡単入力でBIGMOTOR・カーチス・ガリバー・アップルなどの有名中古車買取店に一括して査定依頼できるサービスで査定額を比較できるので最高額で売ることができます。

山梨県内の以下の地域にお住まいの方はかんたん車査定ガイドで軽トラを最高額で売りましょう!

甲府市、富士吉田市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、笛吹市、上野原市、甲州市、中央市、西八代郡、南巨摩郡、中巨摩郡、南都留郡、北都留郡

山梨県の農産品と其の地域的な特性

先ず、山梨県の農業と言えば日本一か、日本でも有数のブドウや桃の果物王国と言われています。 山梨県を横断している国道20号線や中央高速道からの勝沼や甲府盆地からは、季節ともなりますとブドウ畑の緑の絨毯や桃のピンク色の花が繚乱のごとく咲き乱れています。 此のように山梨県というのは果物を中心として農業王国ですが、其の果物類の他にも沢山の農作物の種類があります。

これらの多彩な農作物の収穫できる要素というのは、山梨県の地域的な特徴が挙げられます。 美味しい農作物を収穫するために適した条件として第一に「気候」になりますが、勿論、山梨県というのは「周囲が山だらけなのに、 ヤマナシケン」とも言われているように、盆地になっていて気候は昼と夜の気温差が非常に大きい特徴があるのです。
又、1年間の日照が長いこと、其れに比較的降雨量が少ない為に内陸性気候とされていて、美味しい果物や野菜の収穫に適しているともされているのです。

此のように、山梨県は太陽光が沢山当たることで、果物などの農作物を甘くする要素が含んでいること、其れに夜の気温が低い事によって、甘みの要因となるデンプン質が無駄にならず内部に貯えられて糖分(甘み)のある果実に成長するのです。 又、雨が少なく乾燥することによって病虫害も防げるということにもなるのです。

さて、山梨県の地域的な農産物の品目ですが先ず、前述した果物で、生産量が日本一でもあるブドウ、桃、スモモなどで、自然の条件を生かして生産量日本一のブドウ、桃、スモモの他にもさくらんぼ、柿、リンゴ、梅など多様な果実も生産されていて、所謂、山梨県は「果物王国の山梨」の名を全国に知らしめているのです。

又、一般の野菜類はレタスをはじめ、トウモロコシのスイートコーンや茄子、胡瓜、トマトなどを中心に高い品質の野菜類の生産も盛んです。 近年では、県内産の特徴として有機農法を推進していて環境に優しい野菜作りや稲作の水田から野菜の生産に転作する農家も増えつつ有るとされています。

一方、其の稲作、米作りですが、峡北地域(甲府より北部の地域)を中心に都留地域でも多く、主な品種としては「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」、其れに「恋ごころ」等、古くから峡北の釜無川流域や武川米と呼ばれ、南アルプスの清流と砂質の土壌に育稀た美味しいお米として知られています。

又、山梨の畜産は豚肉がメインで銘柄は「フジザクラポーク」と言われて、峡北や富士山麓地域の養豚が代表的なものです。 其れに峡中・峡東地域の肉用牛や酪農も盛んになっています。

山梨県の農産物について まとめ

山梨県は元より狭い県域で、其の中で農地を上手に利用しているのが特色です。 四方を山に囲まれている県内は其の8割が森林でもあり、其の中の農地は僅かに6%にも満たない狭さではあるが、其の狭い農地を最大限に生かして作付けを行い効率よく農作物を経営しているのです。 其の代表的なのがビニールハウスなどの人工施設を施した栽培が行われるなどして、土地の生産性としては常に全国の上位になっているのです。