山形県内の軽トラ買取
もしかして、あなたは以下のようなことでお悩みではないですか?

  • ディーラーの下取は安いから嫌だ!
  • 走行距離が10万キロを超えているから売れない
  • キズやヘコミがあるから買取してもらえないだろう
  • 故障しているから買取してもらえないだろう
  • 年式が古いから買取してもらえないだろう

国土交通省の調査によりますと2018年3月末時点で、山形県は412,240台の軽自動車を保有しており、その内128,292台が軽トラなどの軽貨物です。そんな山形県にお住まいの方で、軽トラのことで上記のようなお悩みをお持ちの方に山形県で軽トラを高額売却できる大人気の車一括査定サービスをご紹介しています。

確かにディーラーは安心のブランドですが、下取り価格は安いので利用するのをためらいますよね!「軽トラを少しでも高値で売却したい」という方、今流行の車一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

山形県で車一括査定を利用するなら上場企業が運営!安心のかんたん車査定ガイド

最近ではインターネットの普及で車の買取も、ネットを介して行われる時代です。そんな中、今とても人気のサービスが車一括査定サービスです。現在、車一括査定サービスは数多くありますが、おススメの車一括査定サービスはかんたん車査定ガイドです。

おすすめの理由は以下の通りです。

  • 東証一部上場企業の株式会社エイチームのグループ企業の株式会社エイチームライフスタイルが運営しているサービスだから安心して利用することができる。
  • わずか45秒の超簡単入力で最大10社に査定依頼できるので忙しくて時間がない方でも安心!
  • 24時間あなたの空いた時間にいつでも査定依頼が可能
  • BIGMOTOR・カーチス・ガリバー・アップルなどの有名買取店がすべて加盟しているから、最高額で売れる可能性が非常に高い
  • 完全無料で利用できる
  • 日本全国すべての地域の方が利用可能

このようにかんたん車査定ガイドは、あなたにとってメリットの多い車一括査定サービスです。軽トラを少しでも高く売りたい方は利用して最高額で売却しましょう。

かんたん車査定ガイドについてもっと詳しく知りたい方は、当サイトのトップページを参考にしてください。実際の売却事例を含め詳しく説明しています。

トップページはコチラ

かんたん車査定ガイド 山形県の利用可能エリア

ご紹介したかんたん車査定ガイドは山形県全域の以下の地域でサービスがご利用いただけます。

山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市、東村山郡、西村山郡、北村山郡、最上郡、東置賜郡、西置賜郡、東田川郡、飽海郡

農業王国山形の歴史と現状

江戸時代に「酒田照る照る、堂島曇る、江戸の蔵前、雨が降る」「本間さまには及びもないが、せめてなりたや殿様に」の唄を流行らせた、日本一の大地主で酒田の豪商、本間宗久(本間古作)を生み出すほど、山形県と米は密接な関係にあります。
現在でも山形県の4地域(村山、最上、置賜、荘内)のうち、村山地域を除く、3地域で農業生産高の1位は米となっています。
各地域の主要生産物は、
① 村山地域(山形市、天童市、東根市、上山市など)
主要生産物:「果実」「米」「野菜」「畜産」(サクランボ、りんご、ラ・フランス、サクランボの佐藤錦発祥の地として名高い)
② 最上地域(新庄市、金山町、最上町など)
主要生産物:「米」「畜産」「果実」
③ 置賜地域(米沢市、長井市、南陽市など)
主要生産物:「米」「畜産」「果実」(ぶどう、りんご、サクランボ、洋ナシ、ブランド牛として有名な米沢牛やフルーツ園、ワイナリーがある)
④ 庄内地域(鶴岡市、酒田市、庄内町など)
主要生産物:「米」「野菜」「畜産」「果実」(露地メロン、枝豆、かき、日本なし)
と「米」と「くだもの王国山形」の名にふさわしく、「果実」はどの地域でも農業生産高の上位を占めています。
山形県と云えば、全国的にその名を知られるのはサクランボで、日本の生産高の75.8%(平成28年資料)を誇っており、その歴史は、明治時代初期に始まります。その頃、全国でサクランボの苗木の植林が盛んに行われましたが、霜害などによって、北海道、東北以外ではうまく育てることが出来ませんでした。山形県東根市の醤油醸造業を株式投資に失敗し、廃業した佐藤栄介翁が、大正元年に、味は良いが日持ちが悪い「黄玉」と日持ちは良いが、固くて酸味のある「ナポレオン」を掛け合わせて「佐藤錦」を生み出しました。昭和初期に佐藤翁の功績を称え、「佐藤錦」と命名した、というのが「佐藤錦」誕生の歴史です。
「佐藤錦」は現代でも、サクランボの品種で高い人気を誇り、サクランボの代名詞となっています。山形県でも75%の畑で「佐藤錦」が生産されています。
それ以外にも、代表的な品種として、「佐藤錦」「紅秀峰」「紅さやか」「紅てまり」「紅きらり」「「紅ゆたか」「南陽」などがあります。
山形の米栽培は、かつては「ササニシキ」が大部分を占めていましたが、現在の主力品種は「はえぬき」で、生産量の6割を占めます。山形の新ブランド、「つや姫」、「ひとめぼれ」「コシヒカリ」と続いています。
山形は、昭和初期の早くから官民一体となって米の品種改良、品質向上の取り組んできており、米は美味しいと評判の県です。新ブランド「つや姫」も日本穀物検定協会での29年産米の食味試験で、置賜・村山両地域が特A評価を得ています。
サクランボ、米以外にも、全国的に有名な特産品として、米沢牛、ラ・フランス、ブドウやそれに関連してワイナリーも髙畠市、天童市を中心として多数営業しており、東北自動車道の米沢延線に伴い、多数の観光客が訪れることが予想されます。
山形県の農業戸数は、全国で22位とちょうど真ん中ぐらいの位置ですが、売上に当たる農業算出額は14位と上のほうにランクされています。これは、他の都道府県より、農家(生産法人含む)が効率よく生産をしているということで、近頃の六次化の流れに上手に対応しているのと、「農業王国山形」を看板にしているだけあって、特産品の高ブランド化に成功しているためと考えられます。

山形県の農業からは、今後も目が離せません。