黒部ダム・立山黒部アルペンルート・黒部峡谷などで有名な富山県には2018年3月末時点で364,663台の軽自動車が登録されており、その内85,974台が軽トラを含む軽貨物車となっています。

そんな富山県で軽トラを売却する場合、誰もが「高く売りたい!」と考えると思います。

はっきり申し上げて、軽トラを高く売るならディーラーや地元中古車販売店の一社のみで買取査定を受けて売却するのは損をする可能性が高いのでやめておいた方がいいでしょう。

実は軽トラは中古車業界では大人気で品薄状態が続いています!賢い売却方法を選択することであなたの軽トラも驚くほど高額で売れる可能性が高いですよ!

かんたん車査定ガイド 軽トラが簡単に最高額で売れる!

かんたん車査定ガイド 公式ページの画像

富山県内で軽トラを売却するすべての方にかんたん車査定ガイドをおすすめします。

かんたん車査定ガイドをおすすめする理由

  • 東証一部上場企業エイチームのグループ企業であるエイチームライフスタイルが運営する安心の車一括査定
  • 280万人以上の利用実績がある
  • 誰もが知っているBIGMOTOR・ガリバー・カーチス・アップルなど有名中古車買取店に一括して査定依頼できるので最高額で売れる可能性が非常に高い
  • 完全無料で利用できる
  • 利用者平均で14万円高く売れている
  • わずか45秒で査定依頼が完了

このようにかんたん車査定ガイドは非常におすすめのサービスであなたの軽トラも最高額で売れる可能性が非常に高く、しかも完全無料なので利用しないと損をしてしまいます。

かんたん車査定ガイドは富山県内の以下の地域で利用可能なので軽トラを売却する場合は利用しましょう。

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、中新川郡、下新川郡

日本有数の米どころ富山県の農業について

富山県は稲作を中心に農業が盛んで、富山平野には見渡す限りの水田が広がっています。ただ近年は減反政策や農民の高齢化、米離れによって耕作されなくなった水田も増えてしまったため、会社組織で休耕田を借り上げて、持ち主に代わって耕作を行う農業も増えています。

米どころ富山県では、良質米としても評判のコシヒカリをはじめ「てんたかく」や「てんこもり」など富山オリジナルの品種も生産されており、ものづくり県として一層の飛躍を目指しています。

農業はもともと太陽のひかりによって作物が光合成を行い食料に転換することを基本としています。水田農業は土壌の浸食防止や洪水の調節などによって国土の保全にも貢献しているといえます。また富山県では豊かな水環境に恵まれているおかげで、環境に優しい農業の一層の促進にむけて体制が整えられています。

稲作では除草剤が河川へ流出しないように散布方法の普及や航空防除の廃止、病害虫の発生状況を的確に把握した上で防除を促進するなど、収量よりも環境を重視した栽培に努めています。

この10年間では農薬や化学肥料が約20パーセント削減されていますし、メダカやオタマジャクシなどの生物も増え、生態系もよみがえっています。近年ではなにも作付けされない水田も増え、雑草が生えています。こういった不作付田を減らすため、組織的な土地利用を強化し不作付田の解消にも努めています。

米以外にもジャンボスイカは100年以上の歴史がある名産品で、ラグビーボールのような楕円形が特徴で、重さも25キロ程度あるものもあるほどです。ジャンボスイカは明治10年頃に作られはじめたと言われています。

富山県は3000メートル級の北アルプス立山連峰から、水深1000メートルを超える富山湾まで全国でも珍しい高低差が特徴の地域となっています。この地形を活かして豊かな農産物が生産されています。富山県に水田が多いのは、広大な扇状地平野があることと河川水が豊富であるためで、古くから開田事業が協力に進められてきました。

米作が主体となっていますから野菜の畑作地は多くはありませんが、氷見の海岸砂丘帯や自然堤防帯などが主な畑作地となっています。