愛車を売却する際に下取りを行うというのが自分の中の常識だったのですが、買取の方が有利だと友人から聞いて、車買取サイトを利用する事にしました。

複数業者に査定依頼出来る車一括査定サイトの利用は初めての経験であり、友人はかんたん車査定ガイドを利用したと教えてくれましたから、その流れで同じ所を利用したのです。

今までは新車購入時に中古車を下取りで引き取ってもらい、その差額で新車を買う形でしたが、ディーラーの言い値は非常に安くていつもガッカリします。

一括査定の場合は店舗に車を持っていかなくても複数社から査定額を教えてくれますから、比較出来るというだけでもメリットが大きいと感じましたし、何よりも面倒では無い仕組みが良いです。

かんたん車査定ガイドで査定依頼!ドコの業者も下取り価格より5万円以上高い査定額に満足

かんたん車査定ガイドにアクセスして、トップページに入力箇所が出てきますから、メーカー名、車種名、年式、走行距離等の車情報を入力していきましたが、初利用でも直観的に解るようにページが作られているので、迷う事も無く入力作業を行えます。

さらに名前や電話番号、郵便番号、住所、メールアドレス等の個人情報を入力登録すると、それだけで業者から電話やメール等で査定額を知らせてくれるので、日中仕事で時間が取れない自分には嬉しいシステムでした。

どこの業者からの査定額を見ても、下取りで提示された額よりも5万円以上は大きかったですし、買取業者だけの中でも安値と高値では10万円程の開きがあったので、この地点でもラッキーと感じたものです。

このサイトには相場価格を確認出来るシステムもありますから、車の相場が解らなくてもチェックして適正価格を何となく知る事が出来るのもありがたかったですし、査定する業者はガリバーやカーチス等の有名業者も含まれていて安心感もあります。

入力が終われば業者からすぐに連絡が入るのでタイミングが重要

入力作業が終わってからは業者から電話やメールが届くのですが、電話がすぐにかかってくる業者もありましたし、動きが早いと感心したものです。

査定額を早く知りたかったので迅速対応は有難い事ですが、仕事中に電話ラッシュがあったので対応に困りました。

仕事とプライベートを分けて携帯を持っているわけでは無かったので、仕事でかかってくる電話と業者からかかってくる電話が混ざって面倒とは感じたものです。

電話ラッシュは申込み後だけなので、その後しつこく勧誘電話が続くという事は無かったので、対応する余裕がある時間帯だったなら面倒とは感じなかったと思います。

友人の勧めで即決はやめて査定額の高い2社に絞る

複数社比較して一番高値の所と取引すれば良いと考えて、進めていこうと思ったところ、友人からアドバイスを得て即決は辞めた方が良いとの事で踏みとどまりました。

まだこの段階ではサイト経由での簡易査定なので、現物の車を業者側が見ているわけでは無く、ここから選んだ業者に無料の本査定依頼を行う手順になるのですが、サイト査定段階ではあくまで業者毎の相場を知るだけです。

少し慌て過ぎてましたが冷静になり、本番査定で高値になる所を探す必要がありますから、自分は上位2社に勝負してもらうために、2社に本査定の依頼を行う事になったのです。

本査定でも無料というのは有難いですし、わざわざ業者に来てもらって1社は断らないといけないのは気が引けましたが、この辺りは割り切って本査定の準備にとりかかりました。

少しでも印象を上げようとして、友人やネットアドバイスから車の清掃等を行い当日に備えます。

査定士さんが車の確認作業を行ってくれましたが、その時に両方の業者共に他の買取店がいくらだったか、どのように言ってたか、という部分をかなり気にしている様子で、こういう競争が働くからこそ下取りよりも有利と実感しました。

業者はいずれも対応も良くて、値段もほぼ同じような値段でしたが、やはり他の業者ではこの値段だったという言葉が一番効果的です。

適正価格から外して高額査定になる事は無いでしょうが、ライバル社よりも1000円でも上乗せして買取りますという姿勢は感じましたし、最終的にはネット査定で一番高かった所が本番査定でも良かったです。