「軽トラを売ろう!」と思ったら、必要な書類がいくつかあります。必要な書類の中には買取する車屋さん側で用意してくれる書類とあなた自身が準備しなければならない書類があります。

確認してみて、もし万が一、紛失してしまっている場合は売却までに再発行手続きをしておかないと取引が成立しませんので、軽トラなどのマイカーを売却する予定がある方は、一度、各書類の有無を確認してみてはいかがでしょうか。

軽トラなどのマイカーを売却する場合以下の書類が必要です。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険の証書)
  • 自動車税の納税証明書
  • 印鑑登録証明書(印鑑証明)
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • リサイクル券

基本的には以上の書類が必要になります。

それでは、軽トラ売却時に必要な書類をひとつひとつ見ていきましょう。

自動車検査証(車検証)

車両購入時に購入した車が国の定める検査に合格していることを証明する書類でその車の関する情報が記載されています。

ほとんどの場合、車のダッシュボードに保管していると思いますが、車検時に車検証を車載し忘れている方は確認しておきましょう。

また、事故や故障などで車の修理が必要になり部品を注文する際にも車検証に記載されている型式・類別区分・型式指定番号などを確認するため車検証が必要になります。

そのため、ごく稀にですが車屋さんが車検証を車載し忘れているようなケースもありますので車の売却予定がある方は念のため車検証の有無を確認しておきましょう。

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険の証書)

みなさんが万が一の時に備えて加入している自動車保険は主に自動車事故による加害者の金銭的負担をを軽減する目的で自動車を運転するドライバーが任意で加入する保険です。

それに対して、自動車損害賠償責任保険証明書(以下自賠責保険)は事故の被害者の救済を目的に加入することが義務付けられている強制の自動車保険です。

この自賠責保険の証書も車売却時に必要な書類ですが、そもそも自賠責保険の証書は車載しておくことが義務付けられており車載していないと「30万円以下の罰金」という厳しい処分がありますので注意が必要です。

ちなみに、車載していないだけでも厳しい処罰がある自賠責保険の証書ですが、もちろん加入しないまま自動車を運転することは許されません。自賠責保険に加入しないまま自動車を運転すると「1年以下の懲役・50万円以下の罰金・免許停止」などの厳しい処罰がありますので気を付けましょう。

自賠責保険は車検ごとに更新するので、車検証と一緒に車載している方がほとんどですが、念のため確認しておきましょう。

自動車税の納税証明書

4月1日時点での自動車の所有者に対してかかるのが自動車税です。この自動車税を納税した証明書も車売却時に必要です。軽自動車の自動車税はお住まいの地域を管轄する市区町村に納める税金です。

通知が来てから金融機関などで納税した場合の領収印があるものが必要です。自動車税を口座振替にしている方は少し遅れてあなたがお住まいの市区町村から納税証明書が届きますので大切に保管しておきましょう。

ちなみに納税証明書は、車売却時に必要な書類の中で紛失してしまう方が一番多い書類です。ちなみにもし紛失してしまった方はお住まいの地域の区役所・市役所などで再発行が可能なので車の売却予定がある方は早めに確認しておきましょう。

印鑑登録証明書(印鑑証明)

印鑑登録証明書は軽トラを売却する時に委任状や譲渡証明書に捺印されている印鑑が実印であることを証明するために必要です。

印鑑証明書を準備する際に注意する点が一点あります。

準備する印鑑登録証明書は発行後3か月以内のモノでなくてはならないという点です。

売却の予定があるからといって、あまり早くから発行してしまうと3ヶ月が経過してしまって売買契約に使用できないということになりますので注意してください。

ご存知かと思いますが、あなたがお住まいの地域を管轄する市区町村で発行できます。

委任状

軽トラを売却後、名義変更等の手続きを買取店に委任するために必要な書類です。

ほとんどの場合、書類は買取店側で準備してくれますので、あなたは書類に実印を押すだけでいいでしょう。

買取店側で委任状を準備してもらう場合は実印の準備をお忘れなく。

譲渡証明書

軽トラを売却し、買取店に軽トラを譲渡することを証明する書類です。

委任状同様に実印を押す必要があります。

この書類に関してもほとんどの場合買取店側で準備してくれるので事前に準備する必要はありません。

リサイクル券

あなたが自動車リサイクル料を預託している場合、預託していることを証明するために必要な書類です。

もし、紛失してしまった方は「自動車リサイクルシステム」のホームページの自動車リサイクル料金の預託状況を確認して、そのページをプリントアウトして準備しておけば替わりに使用することができます。

まとめ

このページでご案内した「軽トラ売却時に必要な書類」は通常の場合に必要な書類です。

軽トラの所有者が法人の場合、所有者が亡くなっている場合など様々な状況に応じて必要になる書類は変わってきますのでご理解ください。

一番いいのは、買取してもらう買取店に確認してみることです。買取店は買取のプロですので、様々な状況に応じた必要書類を案内してくれることでしょう。