軽トラの売却時期で悩む女性

元々の新車価格が他の軽自動車に比べて比較的安い軽トラですが、実は中古車市場では人気で品薄状態なのです。そのため「軽トラが高く売れる時期」というと年中高く売れるといっても過言ではありませんが、普段より高く売れる時期や売却するならこの時期は避けた方がいいという時期はあります。

このページでは軽トラが普段より高く売れる時期とこの時期に売るのは避けた方がいいという時期についてご説明させていただきます。

※軽トラだけでなくすべての中古車に言えることですが、中古車の買取相場価格は時間の経過とともに、すこしずつ下がっていきます。つまり売却時期は早ければ早いほどいいということはまずご理解ください。

軽トラは年初めから年度末(1月~3月)に高く売れる

お金とチャート軽トラに限ったことではありませんが、中古車を売却する最適の時期は1月~3月がいいと言われています。

その理由は4月に自動車税の納付を控え買い替えをする方が非常に多いことや新車を年度末に購入する人が多いことから車検月がこの時期になり、車検を機に買い替えをする人が多いことなどから、この時期は中古車市場が1年を通じて一番賑わう時期なのです。

さらにこの時期は学生さん達の卒業の時期とも重なり、新生活を迎える準備として車を購入する若者が多いことも中古車市場が賑わう理由のひとつとして挙げられます。

そのため、中古車買取業者はこの中古車が非常に売れやすい時期に良質な中古車を仕入れようとして、中古車をどんどん買取するため、通常の買取相場価格より高く買取してもらえる傾向にあります。

軽トラ売却時期で気を付けたい3つの注意点

軽トラを含む中古車は1月~3月に買取相場が上がり普段より高く買取してもらえる傾向にあることはお分かりいただけたと思いますが、逆に軽トラの売却時期として注意していただきたいことが3つあります。

4月~5月は買取相場が大きく下がる時期

中古車市場は1月~3月に非常に賑わいますが、その反面、その時期が終わり4月に入ると中古車市場の賑わいは完全に終息してしまいます。

その理由のひとつが自動車税の納付時期で4月1日時点で自動車検査証の所有者の欄に記載のある方に軽自動車税が請求されます。注意したい点は軽自動車の場合、普通車と違って自動車税の還付制度がないということです。

そのため、支払った軽自動車税は月割りで返ってくるということはありません!

買取相場が下がる上に、軽自動車税まで支払う義務が発生するこの時期は売却時期としてはおすすめできません。

もし、あなたがお手持ちの軽トラなど自家用車の売却予定があるようでしたら3月まで売却しておくことをおすすめします。

年をまたぐと年式落ちになってしまう!

中古車の買取価格を決定する条件のひとつに「年式」がありますが、年をまたいで年式が古くなると買取価格に多少の影響があるかもしれません。

しかし、注意したい点は10月~12月は中古車の買取相場が一年を通じて一番下がる時期であるということです。年式が古くなることを恐れてこの時期に慌てて売るよりはすこし早目に売っておくか、中古車市場が賑わう年度末に売る方がいいかもしれません。

また新車購入から3~5年の比較的新しい車両の場合、年式落ちによる影響は少ないと考えられますので、売却時期は慎重に選びましょう。

フルモデルチェンジで買取価格が大幅にダウン!

軽トラは比較的フルモデルチェンジの影響を受けにくいと言われていますが、車種によってはフルモデルチェンジでニューモデルに買い替える方が急増して、その結果、旧型モデルを売却する方も急増してしまいます。

この時期に旧型モデルを購入したい方は少ないので、どうしても中古車市場では不人気となってしまい相場価格が下がります。その結果、短期間で買取相場価格が十万円以上も下落するようなケースもあります。

最近ではインターネットでフルモデルチェンジの情報をいち早く得ることができますので、愛車の売却予定のある方はそういった情報にも敏感になっておいた方がいいでしょう。

軽トラの売却時期について まとめ

軽トラの売却時期としておすすめなのは、このページの前半でお伝えした通り1月~3月がおすすめですが、軽トラは他の車種と違って、年式落ちの影響やフルモデルチェンジによる影響を受けにくい車種です。全く影響を受けないわけではないのですが、他の軽自動車や普通車に比べて買取相場は安定しているようです。

軽トラはそれだけ中古車市場で需要があり、さらには海外にも一定の需要があるため非常に人気が高いのです。

もし、あなたがお手持ちの軽トラを売却する際は売却時期よりも売却先、もしくは売却方法の選定が買取価格に大きく影響しますので慎重に選んでください。

軽トラを売るならココが一番!