神奈川県内の軽トラ買取
もしかして、あなたは以下のようなことでお悩みではないですか?

  • ディーラーの下取は安いから嫌だ!
  • 走行距離が10万キロを超えているから売れない
  • キズやヘコミがあるから買取してもらえないだろう
  • 故障しているから買取してもらえないだろう
  • 年式が古いから買取してもらえないだろう

国土交通省の調査によりますと2018年3月末時点で、神奈川県は961,257台の軽自動車を保有しており、その内275,264台が軽トラなどの軽貨物です。そんな神奈川県にお住まいの方で、軽トラのことで上記のようなお悩みをお持ちの方に神奈川県で軽トラを高額売却できる大人気の車一括査定サービスをご紹介しています。

確かにディーラーは安心のブランドですが、下取り価格は安いので利用するのをためらいますよね!「軽トラを少しでも高値で売却したい」という方、今流行の車一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

これから、ご紹介する車一括査定はわずか45秒の簡単入力であなたの軽トラを高額売却することができますよ。

神奈川県で車一括査定を利用するなら上場企業が運営!安心のかんたん車査定ガイド

最近ではインターネットの普及で車の買取も、ネットを介して行われる時代です。そんな中、今とても人気のサービスが車一括査定サービスです。現在、車一括査定サービスは数多くありますが、おススメの車一括査定サービスはかんたん車査定ガイドです。

おすすめの理由は以下の通りです。

  • 東証一部上場企業の株式会社エイチームのグループ企業の株式会社エイチームライフスタイルが運営しているサービスだから安心して利用することができる。
  • わずか45秒の超簡単入力で最大10社に査定依頼できるので忙しくて時間がない方でも安心!
  • 24時間あなたの空いた時間にいつでも査定依頼が可能
  • BIGMOTOR・カーチス・ガリバー・アップルなどの有名買取店がすべて加盟しているから、最高額で売れる可能性が非常に高い
  • 完全無料で利用できる
  • 日本全国すべての地域の方が利用可能

このようにかんたん車査定ガイドは、あなたにとってメリットの多い車一括査定サービスです。軽トラを少しでも高く売りたい方は利用して最高額で売却しましょう。

かんたん車査定ガイドについてもっと詳しく知りたい方は、当サイトのトップページを参考にしてください。実際の売却事例を含め詳しく説明しています。

トップページはコチラ

かんたん車査定ガイド 神奈川県の利用可能エリア

ご紹介したかんたん車査定ガイドは神奈川県全域の以下の地域でサービスがご利用いただけます。

横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市西区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、相模原市、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡、高座郡、中郡、足柄上郡、足柄下郡、愛甲郡

神奈川県の農業の概要

神奈川県は大都市近郊に位置し、東京都に次ぐ人口を抱えて市街地化が進んでいます。このことも影響して、農家一戸当たりの耕地面積は0.80haとなっており全国平均(2.09ha)と比較すると小さいという特徴があります。また、県内の農地面積のうち8割以上が畑となっており、野菜・果実・牛乳・豚肉といった生鮮食品の生産が盛んです。国内最大の消費地である東京都に隣接していることから、市場への出荷には有利な土地柄だと言えるでしょう。

その一方で近年は就農人口の減少や高齢化が進行し、後継者や新規参入者の確保が課題となっています。農地面積の減少は高度経済成長期から進みましたが、近年では減少のスピードが緩やかになっています。このような中で、残された農地を生産地としてより効率よく活用するため、担い手農家の経営規模が年々拡大しています。

生産が盛んな農作物と農業の特色

平成28年度の農業産出額の内訳を調べると、野菜56.3%、果実10.2%、花き(観賞用植物)6.0%となっておりこの三つで7割以上を占めています。野菜については県南東部に位置する三浦半島において、だいこん、キャベツ、すいか、ねぎなどが数多く収穫されています。また果実については、県の西部を中心にみかんが盛んに生産されているのが特徴です。平成27年の収穫量は全国の都道府県のなかで9位となっており、中晩柑への切り替えが推進されています。他には、ナシやカキの栽培も行われています。花に関しては、バラやカーネーションなどの切花、シクラメンなどの鉢物に加え、花壇用苗物であるバンジーが生産されています。また生産だけでなく、直売も盛んなのが神奈川県の特徴となっています。
作付延べ面積で見たときに野菜、果樹に次いで多いのが稲、つまりお米です。品種としては「キヌヒカリ」「はるみ」「さとじまん」などが挙げられます。このうち、キヌヒカリは草丈が短く倒れにくいという特性を持つことから、1980年代から数多く作られてきました。一方はるみは、平成27年から作付が始まった新しい品種で、キヌヒカリの後継品種として今後の普及が期待されています。

まとめ

このように神奈川県の農業は、大消費地に隣接することや温暖な気候を活かして数多くの野菜や果物、花やお米などが生産されています。今後は新たな就農希望者の取り込みと技術の継承、さらには価格面で有利な外国産の作物との競合が課題になると思われます。