飛騨高山・白川郷・飛騨牛などで有名な岐阜県には、2018年3月時点で661,818台の軽自動車が登録されており、その内172,848台が軽トラックを含む軽貨物車両です。

そんな岐阜県で軽トラを売る場合、誰もが「一番高く買取してくれるお店で売りたい!」と考えるでしょう。

ご存知だと思いますが、軽トラを高く売るならディーラー下取は避けた方がいいでしょう。実は軽トラは中古車市場では非常に人気の車種なので売却方法を間違えなければ高額で売ることが出来ますよ!

軽トラを最高額で売る!かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド 公式ページの画像

あなたの軽トラを最高額で売るならかんたん車査定ガイドで決まりです。

かんたん車査定ガイドは東証一部上場企業のエイチームのグループ企業のエイチームライフスタイルが運営する車一括査定です。無料で利用できるかんたん車査定ガイドはBIGMOTOR・ガリバー・カーチス・アップルなど、皆さんがご存知の有名中古車買取店に一括して査定依頼できるサービスです。

かんたん車査定ガイドのサービスはすでに280万人以上が利用しており利用者アンケートによると平均で14万円も高く売れているそうです。

かんたん車査定ガイドは岐阜県内の以下の地域でサービスが利用できるので軽トラを最高額で売りたい方は利用しましょう!

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡、養老郡、不破郡、安八郡、揖斐郡、本巣郡、加茂郡、可児郡、大野郡

岐阜県の農業の概要

岐阜県の農業耕作地は106万haで全国の都道府県別で第7位で、その農業の産出額は1,164億円となっています。岐阜県内での全産業に占めるウエートはわずかに0.6%に過ぎず、農業従事者も3.1%で3万人程度となっています。

数値的には上記の様な位置付けの岐阜県の農業ですが、その特徴としては岐阜県は比較的南北にも長い県で、自然条件が変化に富んでおり、それを反映して多彩な農業が営まれている事が上げられます。また名古屋圏等の東海地方の大消費地がバックにある事も関係し、その大消費地に新鮮な農産物を供給する農業となっています。これは日本の農業の1つの縮図と言えるかも知れません。

岐阜県で特に盛んな農作物や岐阜県の農業の特色

岐阜県での主な農産物と、全国で上位を占める農産物は以下の通りとなっています。まず穀類では米は全国28位、麦は14位となっており、それほど主要なものではありません。

一方で生産高の多い農産物としては、柿と栗が全国4位で、鉢物の花は全国3位と高くなっています。また野菜類ではほうれんそう6位、トマト7位です。そして全国で11位から19位の生産高の農産物としては、大豆、大根、ニンジン、枝豆、イチゴ等があり、多くの農産物を生産する都市近郊農業の特徴を示しています。

次に農産物を地域別に少し詳しく見たいと思います。まず岐阜、西濃地域ではトマト、イチゴ、キュウリなどの施設野菜や枝豆、ほうれんそう、大根、ニンジン等が露地栽培で行われています。また鉢植えの花栽培も盛んです。また中濃・東農地域ではトマト、大根、栗の栽培の他、豚や鶏の中小規模の畜産・酪農も行われています。

県の南部では上記の通りですが、一方で県北部の飛騨地方では、夏季の涼しい気候を活用した夏・秋トマト、ほうれんそうと言った野菜の他、もも、りんご等の果実栽培が盛んです。また広大な土地を活用してブランド牛である飛騨牛の生産や酪農が盛んに行われています。

岐阜県の農業について まとめ

以上の様に岐阜県の農業は、米作はそれほど盛んではありません。しかし多様な自然に適応し、大消費地をバックに持つ強みを生かして様々な農産物が生産されているのが特徴と言えます。

岐阜県における農業も、全国的な動向と同様に、農家が減少すると言う傾向は続いています。それでも名古屋圏の大消費地に、新鮮で多種多様な農産物を供給すると言う都市近郊の農業としての役割を担い続けていると言えるでしょう。これは冒頭にも記載した様に、大規模な米作地域以外の、日本の農業の縮図と言えるものです。