千葉県内の軽トラ買取
もしかして、あなたは以下のようなことでお悩みではないですか?

  • ディーラーの下取は安いから嫌だ!
  • 走行距離が10万キロを超えているから売れない
  • キズやヘコミがあるから買取してもらえないだろう
  • 故障しているから買取してもらえないだろう
  • 年式が古いから買取してもらえないだろう

国土交通省の調査によりますと2018年3月末時点で、千葉県は1,145,042台の軽自動車を保有しており、その内316,320台が軽トラなどの軽貨物です。そんな千葉県にお住まいの方で、軽トラのことで上記のようなお悩みをお持ちの方に千葉県で軽トラを高額売却できる大人気の車一括査定サービスをご紹介しています。

確かにディーラーは安心のブランドですが、下取り価格は安いので利用するのをためらいますよね!「軽トラを少しでも高値で売却したい」という方、今流行の車一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

これから、ご紹介する車一括査定はわずか45秒の簡単入力であなたの軽トラを高額売却することができますよ。

千葉県で車一括査定を利用するなら上場企業が運営!安心のかんたん車査定ガイド

最近ではインターネットの普及で車の買取も、ネットを介して行われる時代です。そんな中、今とても人気のサービスが車一括査定サービスです。現在、車一括査定サービスは数多くありますが、おススメの車一括査定サービスはかんたん車査定ガイドです。

おすすめの理由は以下の通りです。

  • 東証一部上場企業の株式会社エイチームのグループ企業の株式会社エイチームライフスタイルが運営しているサービスだから安心して利用することができる。
  • わずか45秒の超簡単入力で最大10社に査定依頼できるので忙しくて時間がない方でも安心!
  • 24時間あなたの空いた時間にいつでも査定依頼が可能
  • BIGMOTOR・カーチス・ガリバー・アップルなどの有名買取店がすべて加盟しているから、最高額で売れる可能性が非常に高い
  • 完全無料で利用できる
  • 日本全国すべての地域の方が利用可能

このようにかんたん車査定ガイドは、あなたにとってメリットの多い車一括査定サービスです。軽トラを少しでも高く売りたい方は利用して最高額で売却しましょう。

かんたん車査定ガイドについてもっと詳しく知りたい方は、当サイトのトップページを参考にしてください。実際の売却事例を含め詳しく説明しています。

トップページはコチラ

かんたん車査定ガイド 千葉県の利用可能エリア

ご紹介したかんたん車査定ガイドは千葉県全域の以下の地域でサービスがご利用いただけます。

千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉市美浜区、銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、印旛郡、香取郡、山武郡、長生郡、夷隅郡、安房郡

千葉県の農業の概要とその特徴について

千葉県は気候が温暖な点と、首都圏に位置するという好立地条件もあり、全国第4位の農業産出額を誇る農業県なのです。平成28年度の農業産出額は 4,711 億円で、全国に占める割合は 5.1%となっています。
その農業の構成としては、園芸が48.8%(野菜 40.9%、果樹 3.9%、花き 4.0%)、畜産が28.7%、米が14.1%となっており、園芸特に野菜を中心とした構造となっています。
さらに生産品目別に見て、全国生産高の上位を占めるものとしては、全国2位の品目として鶏卵、花き、豆類が挙げられ、第3位の品目として野菜、豚そして4位にはいも類が挙げられます。一方で、米の生産高では全国8位で全国生産高の4%を占めると言う状況です。
農業従事者の側面から見ると、千葉県の総農家数は平成2年に対して27年では54%までに減少しており、全国と同様の傾向を示しています。
しかし農業産出額からこの期間を見ると、減少する事無く横ばい状態となっており、農業の大規模化と生産性の向上が図られて来た事が分かります。

千葉県の主要農産物と農業の特徴

次に、千葉県の主要農産物について、その特徴や動向を少し詳細にチェックしたいと思います。まず千葉県の米は独自ブランドは有名ではありませんが、その品種としては65%がコシヒカリで、次いでふさこがね、ふさおとめ、あきたこまちとなっています。
千葉県の農産物と言えば、落花生が有名ですが、落花生の生産について少し見たいと思います。落花生の産出量では千葉県が12,200トンでシェアは79.2%で1位で、2位は茨城県の1,670トンでシェアは10.8%となっており、圧倒的に千葉県の生産が多い事が統計数字からもよく分かります。
また千葉県の農業の特徴としては、首都圏の需要を背景とした野菜の生産比率が高い事をすでに記載しました。その野菜の中でも千葉県の生産高が全国上位を占めるものとしては、以下の作物品目が挙げられます。
1位の品目としては、かぶ、さといも、ほうれんそう、そらまめがあります。また2位の品目としては、にんじん、みつば、しゅんぎく、ねぎ、しょうが、スイートコーン、さやいんげん、すいか等が挙げられます。さらに3位の品目としては、だいこん、キャベツがあります。
この様に、豆類、葉物野菜、根菜類と多岐に渡る品目の生産が盛んで、首都圏のニーズを満たす野菜生産の特徴が表れていると言えるでしょう。

千葉県の農業まとめ

以上の様に、千葉県は野菜の生産を特徴とする農業県とも言えます。首都圏の需要を賄う千葉県の農業の課題としては、全国的な課題でもある後継者問題が挙げられます。
後継者を確保するには、農業のさらなる生産性の向上と大規模化で、従事者が十分な収入を得られる産業とし魅力度アップを図る事や、農業の6次産業化を推進する等の必要性があります。
こうした農業振興策にも千葉県は積極的に取り組んでおり、今後とも首都圏の需要を支えてくれる事が期待されます。