青森県内の軽トラ買取
もしかして、あなたは以下のようなことでお悩みではないですか?

  • ディーラーの下取は安いから嫌だ!
  • 走行距離が10万キロを超えているから売れない
  • キズやヘコミがあるから買取してもらえないだろう
  • 故障しているから買取してもらえないだろう
  • 年式が古いから買取してもらえないだろう

国土交通省の調査によりますと2018年3月末時点で、青森県は454,894台の軽自動車を保有しており、その内135,859台が軽トラなどの軽貨物です。そんな青森県にお住まいの方で、軽トラのことで上記のようなお悩みをお持ちの方に青森県で軽トラを高価買取してくれる今大人気の車一括査定サービスをご紹介しています。

確かにディーラーは安心のブランドですが、下取り価格は安いので利用するのをためらいますよね!「軽トラを少しでも高値で売却したい」という方、今流行の車一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

青森県で車一括査定を利用するなら上場企業が運営!安心のかんたん車査定ガイド

最近ではインターネットの普及で車の買取も、ネットを介して行われる時代です。そんな中、今とても人気のサービスが車一括査定サービスです。現在、車一括査定サービスは数多くありますが、おススメの車一括査定サービスはかんたん車査定ガイドです。

おすすめの理由は以下の通りです。

  • 東証一部上場企業の株式会社エイチームのグループ企業の株式会社エイチームライフスタイルが運営しているサービスだから安心して利用することができる。
  • わずか45秒の超簡単入力で最大10社に査定依頼できるので忙しくて時間がない方でも安心!
  • 24時間あなたの空いた時間にいつでも査定依頼が可能
  • BIGMOTOR・カーチス・ガリバー・アップルなどの有名買取店がすべて加盟しているから、最高額で売れる可能性が非常に高い
  • 完全無料で利用できる
  • 日本全国すべての地域の方が利用可能

このようにかんたん車査定ガイドは、あなたにとってメリットの多い車一括査定サービスです。軽トラを少しでも高く売りたい方は利用して最高額で売却しましょう。

かんたん車査定ガイド 青森県の利用可能エリア

ご紹介したかんたん車査定ガイドは青森県全域の以下の地域でサービスがご利用いただけます。

青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市、東津軽郡、西津軽郡、中津軽郡、南津軽郡、北津軽郡板柳町、上北郡、下北郡、三戸郡

青森県内の農業について

青森県は、全国的にも農業の盛んな県で、少し古いですが2010年の青森県の統計では、農業の総産出額は2751億円となっています。その構成比としては、米14.9%、野菜23.4%、畜産29.7%、果実27.1%、その他4.9%で、多くの方が印象を持たれているリンゴを代表とする果実の生産も多いですが、それ以外に野菜の栽培も盛んな事が分かります。
青森県の農産物には全国の生産高で1位~3位を占めるものが、以下に列挙するように沢山あり、その全国シェアーも非常に高いのが特徴と言えます。
全国1位の農産物としては、りんごが56.1%、にんにく68.0%、ごぼう32.7%があり、ながいもが40.4%で2位であり、3位としてはだいこん8.4%、かぶ5.7%、西洋なし6.4%が挙げられます。

青森県のリンゴ栽培について

農業が盛んな青森県ですが、その中でも全国的に有名で、圧倒的なシェアーを占める農産物としては、やはりりんごでしょう。
りんごの原産地は、中央アジアのコーカサス山脈や中国の天山山脈等の寒冷な山岳地帯と言われており、日本には、1871年(明治4年)に入ってきました。
そしてその後、1875年(明治8年)の春には、当時の内務省勧業寮から3本の苗木が青森県に配布され、県庁の構内に植栽されました。これが青森県が全国ダントツ1位のりんご産地となった始まりなのです。
こうしたリンゴ栽培技術を支えて来た施設の1つとして、黒石市にある独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所があります。この施設は1931年(昭和6年)に設立された日本で唯一のりんごの試験研究機関で、県を挙げてりんご栽培に取り組んで来た成果が、今日の青森県のりんご栽培の盛況さを築いて来た証となっているのです。

青森県の農業まとめ

青森県は冒頭にも記載した通り、全国でも有数の農業県であり、現在も県を挙げて農業振興に取り組んでいます。
平成16年度からは、青森県の農林水産物とその加工品を積極的に売り込んでいく「攻めの農林水産業」を農業振興施策として推進しています。平成17年度には、「決め手は、青森県産」と言うキャッチフレーズやシンボルマークやイメージキャラクターを定め、情報発信にも積極的に取り組んでいます。
青森県をここまでの農業県として来た施策としては、かつての規模拡大施策が大きく奏功していますが、現在では確立された農業をさらに伸長させるべく、情報発信にも積極的に取り組む段階となっているのです。