秋田県内の軽トラ買取
もしかして、あなたは以下のようなことでお悩みではないですか?

  • ディーラーの下取は安いから嫌だ!
  • 走行距離が10万キロを超えているから売れない
  • キズやヘコミがあるから買取してもらえないだろう
  • 故障しているから買取してもらえないだろう
  • 年式が古いから買取してもらえないだろう

国土交通省の調査によりますと2018年3月末時点で、秋田県は371,387台の軽自動車を保有しており、その内125,262台が軽トラなどの軽貨物です。そんな秋田県にお住まいの方で、軽トラのことで上記のようなお悩みをお持ちの方に秋田県で軽トラを高額売却できる大人気の車一括査定サービスをご紹介しています。

確かにディーラーは安心のブランドですが、下取り価格は安いので利用するのをためらいますよね!「軽トラを少しでも高値で売却したい」という方、今流行の車一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

秋田県で車一括査定を利用するなら上場企業が運営!安心のかんたん車査定ガイド

最近ではインターネットの普及で車の買取も、ネットを介して行われる時代です。そんな中、今とても人気のサービスが車一括査定サービスです。現在、車一括査定サービスは数多くありますが、おススメの車一括査定サービスはかんたん車査定ガイドです。

おすすめの理由は以下の通りです。

  • 東証一部上場企業の株式会社エイチームのグループ企業の株式会社エイチームライフスタイルが運営しているサービスだから安心して利用することができる。
  • わずか45秒の超簡単入力で最大10社に査定依頼できるので忙しくて時間がない方でも安心!
  • 24時間あなたの空いた時間にいつでも査定依頼が可能
  • BIGMOTOR・カーチス・ガリバー・アップルなどの有名買取店がすべて加盟しているから、最高額で売れる可能性が非常に高い
  • 完全無料で利用できる
  • 日本全国すべての地域の方が利用可能

このようにかんたん車査定ガイドは、あなたにとってメリットの多い車一括査定サービスです。軽トラを少しでも高く売りたい方は利用して最高額で売却しましょう。

かんたん車査定ガイドについてもっと詳しく知りたい方は、当サイトのトップページを参考にしてください。実際の売却事例を含め詳しく説明しています。

トップページはコチラ

かんたん車査定ガイド 秋田県の利用可能エリア

ご紹介したかんたん車査定ガイドは秋田県全域の以下の地域でサービスがご利用いただけます。

秋田市、能代市、横手市、大館市、男鹿市、湯沢市、鹿角市、由利本荘市、潟上市、大仙市、北秋田市、にかほ市、仙北市、鹿角郡、北秋田郡、山本郡、南秋田郡、仙北郡、雄勝郡

秋田県の農業の概要と特徴について

秋田県の2013年の県内総生産額は3兆4773億円で、全国で40位で経済規模はそれほど大きな県ではありません。その中で、農業の占める割合は3.0%となっています。
この比率を見ると、極めて農業の比率が低い様に思われますが、それでも全国平均から見ると比率は高い方と言えます。
秋田県の農業を産出物別の比率で見ると、米が52%、畜産が23%、野菜が16%となっており、全国平均の構成である米17%、畜産35%、野菜27%と比較して、圧倒的に米生産比率が高い事が見て取れます。
米作が非常に盛んな事から、カロリーベースの日本の食料自給率は39%に対して、秋田県だけを見ると、177%と圧倒的な高さとなっています。
この様に米の生産が高く、全国的に有名なブランド米も多数有しています。最も有名なブランド米としては食味ランキング最上位を示す特Aランクに何度も選出される美味しさの「あきたこまち」があります。また「ひとめぼれ」も良く知られたブランド米です。

秋田県の米作の特徴

秋田県の農業としては、概要で記載した様に米作の比率が高い事が特徴と言えます。この米作についても、秋田県には特徴があります。
秋田県の大規模米作地として有名なのが大潟村です。この大潟村の米作地は八郎潟を埋め立てて造られた農地で、国の政策や農協の既得権と戦い、今日の米作を中心とした特徴ある農業のあり方を構築して来た農村として非常に有名なのです。
全国的に農業の担い手は高齢化し、後継者がない事から耕作放棄地が増え続ける傾向に歯止めが掛からない状態が続いています。しかし、この大潟村では平均作付面積が約20ヘクタールの大規模農家が多く、大規模化による米作の効率化により農家の平均収益が1400万円に上り、親子2代で経営しても各700万円の収入が得られる事になるため、後継者が確保でき、それによって農業従事者の高齢化も進んでいないと言う顕著な特徴がみられます。
もちろん秋田県の農業全体で見れば、全国と同様に担い手の不足と、高齢化は進んでいます。しかし、秋田県に存在する大潟村は、収入が十分に確保できれば後継者は必ず現れる事を示しており、大規模専業農家へと農業を集約化して行く事で、今後も守って行ける事を示していると言えるのです。

秋田県の農業まとめ

秋田県の農業は米作が中心で、「あきたこまち」と言う有名ブランドの生産地となっています。そんな米作も、日本全体や秋田県全体で見れば、従事者の高齢化と言う課題を抱えています。
その解決のヒントとして、秋田県の大潟村の農業経営には見るべき点が多いと言えるでしょう。