軽トラが高く売れて喜ぶ女性

  • 長年使用していて、ボロボロだから高く売るなんて無理だ!
  • 走行距離が10万キロを超えているから買取はしてもらえないだろう
  • 年式が古いから買取は無理だろう・・・
  • 高く売るならディーラーを利用するのが一番

もしあなたが、このように考えて軽トラの買取を諦めようとしているのなら、ちょっと待ってください!あなたの軽トラの買取を諦めてしまうのかどうかは、このページを見てからにしていただけませんか?

軽トラは中古車市場で高値で取引される大人気車種!

軽トラは実は中古車市場で非常に人気の形状で、中古車販売業者などの業者の間で行われるオークションでも他の軽自動車に比べて、走行距離や年式にかかわらず高値で取引されています。

まず軽トラの新車価格を調べてみました。

ハイゼットトラック 68万円~139万円
キャリイトラック 72万円~117万円
アクティ トラック 79万円~137万円
サンバ― トラック 83万円~137万円
ピクシス トラック 68万円~122万円
ミニキャブ トラック 85万円~121万円
NT100クリッパー 87万円~123万円
スクラム トラック 84万円~120万円

最近では軽自動車も200万円以上する車種も当たり前にある中で、軽トラは新車価格も比較的安いと言えます。しかし注目すべき点は新車価格ではなく中古車市場に並んでいる中古車の価格です。上記新車価格と比較してみてください。

今回は軽トラの新車価格と中古車市場で販売されている軽トラの価格を比較するために中古車販売で有名なグーネットのサイトを参考にさせていただきました。

軽トラの中古車価格を見てビックリ

コチラのハイゼットトラックは走行距離が約18万キロも走行しているにもかかわらず、本体価格は驚きの53万円!2WDですし、エアコンが付いている以外、特に特別な装備が付いているわけではありません。軽トラ以外の車種の場合、18万キロも走行した過走行の車両の場合、高くても20万円程度で販売されているのではないでしょうか?

先程の新車の価格表を参考にするとハイゼットトラックの新車価格は68万円~139万円だったので軽トラが中古車市場でいかに人気車種であるかということがお分かりいただけると思います。

特別な装備が付いている場合はさらに高額で販売されている!

軽トラでも先程の車両と違い、ダンプ機能などの特別な装備が付いた車両があります。そういった特別な装備が付いている場合、年式や走行距離に関係なく高く販売されているようです。

コチラのハイゼットトラックは2006年式・走行距離11.4万キロとかなり古い車両ですが、注目すべき点は垂直式テールリフトが付いている点でしょう。こういった特別な装備が付いているだけで販売価格はグッと上がるようです。この車両の場合、本体価格は73万円と走行距離が11.4万キロも走っている車両としては驚きの価格で販売されています。

なぜ軽トラは中古車市場で高値で取引されているのか?

もともと高額ではない軽トラックがなぜこれほどまでに人気なのでしょうか?軽トラが中古車市場で人気なのには様々な理由があるのです。

まず軽トラは農業や土木・建設業など普通の軽自動車と比べ過酷な環境での利用を目的として作られているので丈夫に出来ていることから耐久面でも優れています。

また、余分な装備が少ないため故障も少なく長く乗るうえで経済面でも家計にやさしく、長く乗り続けることができるため2~3年程度で売却して新しいモデルの軽トラに買い替える人が少なく、中古車市場に中古の軽トラが少ないことも人気の理由のひとつです。

モデルチェンジによる影響を受けにくいのも軽トラの特徴でしょう。他の車種の場合、一部の例外を除いてはモデルチェンジをすることで人気が低下して買取価格も低下しますが、軽トラはモデルチェンジの影響をあまり受けません。

そして、軽トラを所有しているほとんどの方は、乗り潰してから買い替えを考えるのではないでしょうか?このことも程度のいい軽トラの中古車が中古車市場にあまり出回らない理由でもあります。

低年式・過走行の軽トラに関しては海外輸出することで高価買取が可能になります。海外の発展途上の国々では日本の中古車は壊れにくく非常に人気で高額で取引されているそうです。

このように、中古車市場において軽トラは非常に希少で価値があり、各中古車販売業者も少々強気の価格設定となっているようです。軽トラは高年式の車両はもちろん、低年式の古い車両も非常に人気が高くあなたが売却を諦めている軽トラでも高額売却が可能かもしれません。

軽トラが中古車市場で人気の理由まとめ

  • 長く乗る人がい多く程度のいい軽トラが中古車市場に出回らない
  • 他の車種に比べてモデルチェンジによる価値の低下が少ない
  • 過酷な環境で使用する目的でつくられているため丈夫で壊れにくい
  • 低年式・過走行の軽トラでも海外輸出することで高価買取

安心と信頼で選ぶ車一括査定!おすすめはかんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド 公式ページの画像

最近では急速なインターネットの普及で車をインターネットを利用して売却する方が急増しているようです。そんな中、今流行なのが車一括査定というインターネットを通じて複数の中古車買取店に査定依頼できるサービスです。

最近では数多くの車一括査定サービスがあります。

  • かんたん車査定ガイド
  • ズバット車買取比較
  • カービュー
  • カーセンサーネット
  • 楽天オート

他にもイロイロあると思いますが、有名な車一括査定はこの5つです。

どれもすばらしいサービスだと思いますが、当サイトが一番おすすめしたいのがかんたん車査定ガイドです。

おすすめする理由は以下の通りです。

  • 東証一部上場企業の株式会社エイチームのグループ企業の株式会社エイチームライフスタイルが運営しているサービスだから安心して利用することができる。
  • 同サービスに参加している中古車買取店はJADRI(日本自動車流通研究所)に加盟している優良業者のみ
  • わずか45秒の超簡単入力で最大10社に査定依頼できるので忙しくて時間がない方でも安心!
  • 24時間あなたの空いた時間にいつでも査定依頼が可能
  • BIGMOTOR・カーチス・ガリバー・アップルなどの有名買取店がすべて加盟しているから、最高額で売れる可能性が非常に高い
  • 完全無料で利用できる
  • 日本全国すべての地域の方が利用可能

車一括査定などのインターネットを介して行われるサービスには不安が付き物です。

その点、かんたん車査定ガイド東証一部上場企業のグループ企業が運営しているという安心と、中古車買取で有名な大手中古車買取店がすべて加盟しているという高価買取への可能性の両方を兼ね備えた数少ないサービスです。

もしあなたが、軽トラの売却でお悩みのようでしたら、かんたん車査定ガイドを利用してみてはいかがでしょうか?

こんなにも高く売れる かんたん車査定ガイド

私たちが普段使用する普通乗用車や軽自動車の場合、年式・走行距離・ボディーカラーなどの情報である程度の買取価格を把握することができます。

大型トラックや重機などの商用車の場合は、元々の値段が高額なこともあり買取店ごとに査定額にかなりのバラつきがあるそうですが、普通車や軽自動車の場合、「どこに売っても買取価格はあまり変わらないでしょう」と思っている方も多いのではないでしょうか?

実は全くそんなことはないんです!コチラをご覧ください。下記の画像はかんたん車査定ガイドの公式ページに掲載されているかんたん車査定ガイドのサービスを実際に利用した事例です。

※画像はかんたん車査定ガイド公式ページより引用

もともと、普通車に比べたら新車価格の安い軽自動車でも買取価格にこれだけの差が出るということに正直驚きますよね!かんたん車査定ガイドに参加している中古車買取店は比較的有名な買取店が多いのですが、そういった有名買取店の間でもこれだけの価格差が出るということは、ディーラーの下取と比較するとものすごい差が出ることは言うまでもありません。

上記に掲載しているムーブに買取事例以外にもかんたん車査定ガイドの公式ページには多くの買取事例が掲載されていますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

かんたん車査定ガイド 利用可能エリア検索

このページでご紹介しているおすすめの車一括査定サービス、かんたん車査定ガイドは日本全国すべての地域の方がご利用いただけます。詳しい利用可能エリアにつきましては下記のリンクより各都道府県ページでご確認ください。

北海道 東北地方
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県
関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県
中部地方
福井県石川県愛知県静岡県岐阜県長野県山梨県新潟県富山県
近畿地方
大阪府兵庫県和歌山県京都府奈良県滋賀県三重県
中国地方
広島県山口県岡山県鳥取県島根県
四国地方
徳島県香川県愛媛県高知県
九州地方 沖縄
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

平成6年式 走行距離21万キロのホンダ アクティを車一括査定で売却!果たしてその結果は?

あまり参考にならないかもしれませんが、サイト管理人の私が以前かんたん車査定ガイドを利用して、義父の軽トラを売却した時の事例をご紹介します。

ちなみに義父の軽トラのこんな状態でした。

年式 平成6年式
走行距離 214,000キロ
ボディーカラー ホワイト
駆動方式 2WD
ミッション 4速マニュアルミッション
その他 特別な装備は一切ついておらず、エアコンも付いていませんでした。

義父は、20年以上も前に購入したホンダ アクティを普段の足にしており、どこに行くにもこのアクティを利用していました。兼業農家だったこともあり、会社勤めしながら農業もしていました。そのため軽トラは義父にとって必要不可欠な存在で調子が良かったこともあり長年愛用していました。

しかし、義父も年を取り孫が出来たこともあり、農業をやめて普通の軽自動車に買い替える事にしたのですが、長年付き合いのある車屋に下取りを頼んでみたところ、「古すぎて下取りできない!廃車にするから手数料が5000円程度かかる。」と言われたそうです。

そんな話を妻から聞いた私は、義父に「ダメもとで車一括査定で売却してみませんか?」と提案してみると、少しでもお金になるならと私の提案に賛成してくれました。

早速、私は車の状態を確認して車検証のコピーをもらって、自宅のパソコンを使って車一括査定を利用してみました。

必要事項を入力して送信!わずか数分で1社目からの電話があり、女性オペレーターから売却するアクティに関するヒアリングがあり買取を検討してみるということで電話を切りました。

その後も2社から電話があり、最初の時と同じような車に関する質問に答えました。結局、合計3社から電話があり最終的に各社の査定額は以下の通りでした。※大手買取店ばかりでしたが社名はふせておきます。

A社 B社 C社
15,000円 10,000円 35,000円

まず、買取してもらえることにホットしたと同時に少し驚きました。

低年式・過走行で、しかもエアコン無しの20年以上前の軽トラだったので正直、買取してもらえるかどうか不安でした。

各社、エアコンの有無を確認した際に「エアコンが付いていないんですか・・・・・」と残念そうにいっていたので、エアコンが付いていたらもう少し高く買取してもらえたかもしれません。

もちろん、C社に売却することに決めたのですが、無料で利用できるのでチャレンジしてみてよかったというのが感想です。5,000円払って廃車にするのと、35,000円で買取してもらうのでは40,000円もの差があります。何より義父は長年使用してきたアクティが廃車にならずに、もしかしたら海を渡って遠い異国の地で活躍してくれるかもしれないことに喜んでいました。

これから車一括査定を利用する方に

私が車一括査定を利用してみて感じたことをこれから利用したいと思っている方にお伝えします。

まず、車一括査定は「一度にたくさんの電話が掛かってきて大変だ!」という意見が多いようですが、まったくそんなことはありませんでした。

今回、私が売却した車両が古かったこともあり3社しか電話は掛かってきませんでしたが、新しい人気の軽トラを売却する場合、もっと多くの買取店から電話が掛かってくると思います。しかし、今回、電話をかけてきた買取店のオペレーターはみなさん素晴らしく対応が良く感心しました。もちろん「嫌だなあ」と感じることは一切ありませんでした。

逆に、「次の買取店はいったいいくらの査定額を提示してくれるのかなあ?」とワクワクしてしまったというのが正直な感想です。売却後にしつこく営業電話をしてくるような買取店はもちろんありませんし、利用したことには非常に満足です。

ただ、注意点を上げるとしたら、査定依頼は休日か時間に余裕のある時にした方がいいと思います。会社の休憩時間などにスマホなどで査定依頼した場合、時間に余裕がなく売却する車両のアピールポイントなどを買取店側に十分に伝えられない可能性があります。